安波さまの唄

ビクターから55歳でメジャー・デビュー。5作目となる本作品は故郷の復興を祈った応援歌!
福島県いわき市新舞子で自身のLive中、東日本大震災に遭遇。被災直後、自身が陣頭指揮に立って
観客全員を安全地区に避難させ、津波から救った。又、無事に東京へ生還後も週を置かず、
自身が自ら飛び回る数ケ月のボランティアを続けた。そのような活動を通し、現地の方の体験談をもとにこの唄は作られた。

動画タイトル